~パピヨンアンジュとココの日記~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ココの避妊手術に際しまして、
たくさんご心配をおかけしました。

影ながら、応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。

さて、気になる診断の結果のご報告です。

まず、心臓の雑音は、やはり消えていませんでした。
到着してからすぐに血液検査と超音波で心臓を診察していただきました。

結果、ココの心臓は、問題ない程度の無害性の雑音でした。
さて、なぜこの雑音が起きるのか・・・・
先生が詳しく説明して下さいました。

人間の心臓でも耳にしたことがあると思いますが、
左心室から左心房に勢いよく血液が流れる速度が
若干速いため起きる音だそうです。
これが、あまりに速く、うまく血液が通れないと
狭窄症になるんだそうです。

1秒間に1mぐらい進む速さと言えば、
お分かりでしょか?
正常範囲は、1.5m/secぐらいまでだそうです。
ココは、1.45m/secでした。
生後40日頃の最初の診断では、1.35m/secだったので、若干伸びていますが、
これは成長したからだそうです。

「大動脈の生理的狭窄」で心雑音のレベルはⅠ/Ⅳでした。

ココの場合、速いとはいえ正常範囲内でした。
その他の血液には、特に心配な点は見つからずでしたので、
即、手術準備に入ることとなったのです。

一度は診ていただいたことのある先生ですが、
ココの記憶に残っていたかは不明(笑)
結構、ナーバスな表情で、挙句緊張しずぎたのか、
先生の説明を聞いている間は・・・・
パパの腕で爆睡してました。

何が何やら分からないまま、ココは処置室へと
連れて行かれました~。

ワンコに状況の説明をしてやれないもどかしさで、
母は、胸が痛かったのでした。

ココにゃんの心臓、問題なくてよかったね!
ってことでポチっとお願いします~(笑)
2010.08.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://papillonange.blog9.fc2.com/tb.php/46-dbbc471e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。