~パピヨンアンジュとココの日記~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日付変わって、今日はアンジュが初めて家にやってきた日のことを
書きます。

9月のとある日曜にダンナとペットショップに犬を見に行ったのです。
私たちは、実は犬を飼うために行ったのではなく、
いつも癒されるためにペットショップを覗いていたので、
その日もそんな気分で「行ってみっか?」てなカンジだったのです。

ところが、あるワンコの前で二人して心を奪われ、わし掴みされ、
目は釘付けで、座り込んでしまい・・・ももええって?
いや~でもほんとにそんなカンジでした。

他のワンコを見たりしていたのですが、どうしてもその子の前に
戻ってしまうのです。

2時間ぐらい釘付けになってたっけ?
そんな中、店員さんが必死にアピールしてくるのですよ。

「かわいいでしょう?近くで見ます?共働きでも飼えますよ~。
 散歩はそんなにしなくて大丈夫!御飯も一日2回だけです~」などなど
耳元でささやくのです。

犬は大好きだけれど、飼ったことない私達、、、、
「いえ・・見てるだけですから」と言いつつ、
女の子は飼い易いですか?なんてつい質問しちゃったりして。

結局、こんな大事なこと即決なんて出来ないな~って一度家に帰ったのです。
でも、心はお店に置き去り・・・

で、閉店ギリギリにもう1回お店に行って、その子を見せてもらうことにしたのです。

「うちに来る?」

ピョン! ←ジャンプした


ってあの子は、飛んだのです。

「そ~かそ~かそんなにうちに来たいか♪」 ←私の喜び


後で分かりましたが、その子は今でもしょっちゅう飛んでます。汗

もう、なんだか多額の借金の契約書にサインをするような、
ドッキドキやら、吐きそうになるくらい覚悟がいりました。

でも、何とか契約書にサインをして、
翌日、お部屋の準備をしてお迎えに行ったのです。

IMG_1454_convert_20100102012704.jpg

IMG_1460_convert_20100102012825.jpg

ダンボールの中から、耳だけ見えたときには、
ホントにかわいくて、はかなげで・・・早くも親ばか炸裂ですね。

でも、本当に動物って簡単な気持ちじゃ飼えないなって早くも
実感した瞬間でした。
命の重さは人間と一緒。
もう、この子のう●ちや●っこまで、梵ちゃん(ダンナ)と
「こんなん出てるけど、これ普通??」みたいな
会話でした。
まるで人間の赤ちゃんのおむつを換える時みたい。

そして、迎えたからには名前をつけないとね。
前日寝ずに梵ちゃんと考えた名前・・・


<アンジュ>

フランス生まれのパピヨンにちなんで、フランス語で
<天使>という意味で名づけました。
フランス語で数字の<1>って<アン>というのも
かけているのです。
我が家に1匹目に来た仔ですもの~!

続きはまた今度~!
てなことで、本日はここまで・・・・

2010.01.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://papillonange.blog9.fc2.com/tb.php/2-6fb825d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。